ジェルネイル

ジェルネイルエントリー一覧

ジェルネイルとは
ジェルネイルとは、水あめのようなとろみのあるゲル状の樹脂を爪に塗り、専用のUVライトを使ってジェルを固めて仕上げ、その上にネイルアートなどをする方法のことをいいます。爪に薄く塗ることができ、その軽さからマニキュアを塗っているような感覚を覚えます。それでいて爪との密着力も高いので剥がれにくくなっています。さらに、硬度がそれなりにあるので、爪の補強にもなります。ジェルネイルを使うことによって、二枚爪や爪の弱い人でもネイルを自由に楽しむことができるようになりました。また、いままで様々な爪のトラブルで綺...
ジェルネイルの種類
ジェルネイルにはソフトジェルとハードジェルの2種類があります。ソフトジェルというのが、ネイルサロンなどで主流となっているもので、専用の溶液で落とすことができるジェルの総称のことをいいます。ソフトジェルにも更に種類があります。カルジェルやバイオジェルなどは聞いたことがあると思いますが、こちらは有名なメーカーの名前となっています。サロンでも多く使われているのがこの2つです。カルジェルは薄く密着感が有り、マニキュアを塗っているような感覚です。専用のUVトップコートで仕上げるので美しい状態に仕上がります...
ジェルネイルの良い所
ジェルネイルが広く愛されているのは、いくつも良い点があるからです。まず、マニキュアやスカルプチュアのような独特の臭いがありません。メーカーによっては少しだけ臭うものがありますが、ほとんどが無臭で気になりません。今まで臭いが苦手だった人達もストレスなくネイルをすることができます。また、UVランプという紫外線ランプでジェルを硬化させるので、光が届きやすく、ツヤのある美しい透明感を楽しめます。硬化させることで、自爪を補強することもでるので、爪が弱い人でも安心してネイルができるようになりました。ジェルで...
ジェルネイル、オフの仕方
ジェルネイルは丈夫で長持ちするのが長所ですが、オフする時に地爪を傷めてしまう可能性があるということが難点。しかし、正しい方法でオフをすれば爪や皮膚にダメージを与えることはありません。用意するものはアセトンもしくはソークオフジェル専用リムーバー、アルミホイル、コットン、バッファーなどのやすり。まずはジェルの表面をバッファーなどでサンディングし、ネイルの表面を傷つけます。これをすることによってリムーバーの浸透を良くします。爪の形に切ったコットンにリムーバーを染みこませ、アルミホイルを指に巻きつけます...
憧れのフレンチもジェルなら簡単
シンプルでいて上品といえばやっぱりフレンチネイル。しかしネイルポリッシュ(マニキュア)でフレンチラインを塗るのはとっても難しい!でもジェルネイルなから意外と簡単にできてしまうのです。その秘密をご紹介しましょう。フレンチにする部分はホワイトのカラージェルを使用します。爪先、フレンチにする部分にホワイトカラージェルを塗ります。ラインがガタガタになってしまっても大丈夫。なぜならジェルネイルというのはライトに当てて固めなければ何度でもやり直しがきくんです。ホワイトのカラージェルがついたものとは別の筆で、...
ベースのジェルを塗ってみよう
プリパレーションが完了したら、いよいよジェルネイルを始めてみましょう。ここで注意点は、ジェルを塗る前にクリームなどを手に塗らないようにしましょう。余分な油分と水分はジェルのつきを悪くします。ジェルを塗布する前に地爪に塗る用品として「プレプライマー」というものもあります。これは爪表面の油分を除去し、地爪とジェルの密着を高める効果があります。必ず必要な用品ではありませんが、1本持っておくと何かと便利だと思います。それではベースとなるジェルを塗ることから始めます。ベースになるジェルを筆になじませ爪に塗...
ジェルネイルの意外なメリット
皆さんご存知の通り、ジェルネイルはゲル状の樹脂をUVライトに照射して硬化させます。装着感も軽い上に浮きにくく、自分の爪に定着させるため、アクリルネイルよりより自然だということでとても人気があります。実はジェルネイルのいいところ、それだけではないんです。ジェルネイルを実際にしている人に話を聞いてみると、「爪が弱くてすぐボロボロになってしまうタイプなのに、ジェルをすることによって自爪を伸ばすことができた!」「二枚爪で悩んでいたが、爪をキレイに伸ばせるようになった」という声が多く聞かれました。爪の形が...
ジェルだからこそのアートデザイン
ジェルネイルだからこそ楽しめるアートがあるんですよ。ジェルだからこそ楽しめるアートの代表格といえば「ドラッグアート」です。ドラッグアートとは、線を引いて作るアートデザインのことです。専用のアート筆を使用して書いていくのですが、ジェルネイルはマニキュアより粘度が高いため、模様を描きやすいとされているんです。ドラッグアートで最もポピュラーなのはピーコック柄。孔雀の羽のような模様だということからピーコックと名づけられた手法です。複数のカラーを使って描くので、色合いによって雰囲気も大きく変わります。模様...
ジェルだからこそのアートデザイン2
ジェルだからこそ楽しめるペイントにアニマル柄があります。アニマル柄というとヒョウ柄が最も定番とされていますが、マニキュアでヒョウ柄を施すとなると、とてもキツイ印象に見られがち。しかしジェルでヒョウ柄を描くととてもソフトに仕上がります。もこもこプルプルでとても可愛い。今までアニマル柄を敬遠していたという人にもチャレンジしやすくおすすめです。レース柄もジェルネイルならではの楽しみです。細かく繊細なアートもジェルなら可能なのです。緻密な模様を専用の筆で描いていくのですが、様々なレースのパターンがあり、...
ジェル、自分で挑戦してみよう!
ジェルネイルはサロンでしかできないと思っていませんか?実はおうちでもできてしまうんです。しかし、それには用品の準備や地爪の下準備などが必要。おうちで気軽にジェルネイルを楽しむためのアイテムとポイントをご紹介しましょう。必要不可欠な用品や手順を省くと、ジェルネイルが上手く仕上がらなかったり、せっかくのジェルが持続しなかったりしますので、正しい用品の使い方や手順はしっかり守ってくださいね。ジェルネイルをするにはいくつかの用品が必要となります。ジェル、ジェルを塗る筆、紫外線で固めるUVライト、地爪の形...
ジェルネイルとは
最近ポピュラーになりつつあるジェルネイルとは、一体何なのでしょうか?ジェルネイルとは、UVなどのライトを、ゲル状の樹脂に当て、この樹脂を硬化させる方法です。ここがおすすめです。ジェルネイルの特徴の一つに、施した跡も浮き難く、さらに付けた感じも非常に自然ということで、最近人気のネイルサロンです。このジェルのネイルは、透明性も非常に高く、アクリルのネイルに比べて、簡単で扱いやすいということで、自分でもネイルが挑戦できると、自分でネイルを施す人もいます。しかしながら、やはりネイルサロンなどで、しっかり...
バイオジェルとは
バイオジェルとは、最先端のジェルネイルシステムのことで、カルジェルよりも、新しいネイルシステムです。ジェルネイルは爪に非常に優しいという特徴があり、ジェルネイルによくある浮き爪も殆どありません。非常に自然な仕上がりが期待でき、一見、自爪かな?と思ってしまうほどのリアルさならネイルサロンです。最近では、バイオジェルはさまざまな国で使用されており、特にファッション関係では、いま話題のジェルネイルとして評判のようです。バイオジェルが爪に優しい理由の一つに、簡単に爪から取ることができるのが魅力のひとつで...
トップコートを塗ってみよう
ベースのジェルを塗布し、硬化させた後、お好きなアートを施します。グラデーションやストーンアートなどは、初心者の方でも意外と簡単にできてしまうものですよ。是非チャレンジしてみてくださいね!続いて仕上げのトップコートとなるジェルの塗布について説明をします。トップはベースより塗り方にコツが必要です。トップコートを塗るときは様々な角度から、凹凸がないかしっかり確認してください。凹んでいる部分はきちんとライトが当たらず固まらなかったりすることがありますので気をつけてください。慣れないうちは時間がかかるので...
グリッターでグラデーションに挑戦してみよう!
初心者の方でも簡単にチャレンジできるデザインアートについていくつかご紹介しましょう。まずばグリッターを使ってのグラデーションアートです。爪の先端に濃い色、甘皮側に薄い色を置いてグラデーションを施すと、地爪が伸びてきても目立たず、ネイルアートを長く楽しむことができるお得なデザインです。2色以上のカラージェルを使ってのグラデーションもありますが、今回は手軽にグラデーションを楽しめる、グリッターを使ったグラデーションにチャレンジしてみましょう。ベースを塗って硬化させた後、ジェルを筆にすくい、そこへグリ...