ジェルネイル、オフの仕方

ジェルネイル、オフの仕方

ジェルネイルは丈夫で長持ちするのが長所ですが、オフする時に地爪を傷めてしまう可能性があるということが難点。

 

 

 

しかし、正しい方法でオフをすれば爪や皮膚にダメージを与えることはありません。用意するものはアセトンもしくはソークオフジェル専用リムーバー、アルミホイル、コットン、バッファーなどのやすり。

 

 

 

まずはジェルの表面をバッファーなどでサンディングし、ネイルの表面を傷つけます。これをすることによってリムーバーの浸透を良くします。爪の形に切ったコットンにリムーバーを染みこませ、アルミホイルを指に巻きつけます。

 

 

 

この時、爪にだけリムーバーが付着するように注意してください。皮膚の弱い方は、甘皮周りや指にキューティクルオイルを塗布することをおすすめします。

 

 

 

この状態で10〜20分程度待ちます。ホイルをはずすとジェルはひび割れた状態になっています。

 

 

 

これをウッドスティックなどで優しく取り除けば終了です。ジェルが溶けずに残っている場合は、無理して剥がさず、リムーバーをつけるところからもう一度行ってください。