ジェルネイルとは

ジェルネイルとは

ジェルネイルとは、水あめのようなとろみのあるゲル状の樹脂を爪に塗り、専用のUVライトを使ってジェルを固めて仕上げ、その上にネイルアートなどをする方法のことをいいます。
爪に薄く塗ることができ、その軽さからマニキュアを塗っているような感覚を覚えます。
それでいて爪との密着力も高いので剥がれにくくなっています。
さらに、硬度がそれなりにあるので、爪の補強にもなります。
ジェルネイルを使うことによって、二枚爪や爪の弱い人でもネイルを自由に楽しむことができるようになりました。

 

 

 

また、いままで様々な爪のトラブルで綺麗に爪を伸ばすことができなかった人達も、ジェルネイルでコーティングしながら爪を伸ばすことができるようになり、よりネイルを楽しむことができています。
これだけしっかりとコーティングなどをしていても、塗っていて違和感がないのが絶大な人気の理由です。

 

 

 

また、塗り重ねることでチップやスカルプチュアなどを作ることもできるので、とても多様性に優れています。
色はクリアで艶があり、アクリルネイルよりも綺麗な仕上がりにすることができます。
そして、驚くことにジェルネイルは無臭なのが特徴です。マニキュアやスカルプチュアなどの独特な臭いもないので、それほど換気に気を遣う必要がありません。

 

 

 

ストレスなくジェルネイルを塗ることができます。ジェルの種類によっては、耐久性も高く、通常のネイルよりも長持ちするので多くの人に好まれています。
爪への負担も少ないので、爪にやさしいネイルと言われています。