ジェルだからこそのアートデザイン

ジェルだからこそのアートデザイン

ジェルネイルだからこそ楽しめるアートがあるんですよ。ジェルだからこそ楽しめるアートの代表格といえば「ドラッグアート」です。

 

 

 

ドラッグアートとは、線を引いて作るアートデザインのことです。専用のアート筆を使用して書いていくのですが、ジェルネイルはマニキュアより粘度が高いため、模様を描きやすいとされているんです。

 

 

 

ドラッグアートで最もポピュラーなのはピーコック柄。孔雀の羽のような模様だということからピーコックと名づけられた手法です。複数のカラーを使って描くので、色合いによって雰囲気も大きく変わります。

 

 

 

模様も様々なパターンで楽しめますし、この手法を応用して蝶などのデザインも表現できたりします。

 

 

 

ドラッグアートを取り入れたペイントとしては花のアートがとてもキレイです。花びらの中央から外側に向かって線を引くことによって花の模様が浮かび上がります。

 

 

 

とても立体的な花のペイントを楽しむことができます。花びらの枚数で印象も大きく変わってきます。